男性

外壁の塗装

住宅

作業する内容

埼玉で外壁塗装をする時には、業者が行う作業の内容を把握している事で、塗装する時の流れを知る事ができます。業者に依頼して埼玉で外壁塗装をする時には、最初に近隣の住民への挨拶に行く事になります。業者だけで挨拶をする事もありますが、近所付き合いは大切なので、施主も業者と一緒に挨拶をした方が良いです。近所への挨拶が終わったら、埼玉では外壁塗装を行うための足場を組み、塗料が飛散するのを防ぐためのシートを張ります。足場を組み終わったら外壁の汚れを落とすため、埼玉の業者は高圧洗浄を行い、外壁塗装の効果を高めます。高圧洗浄は外壁だけなら半日、屋根も塗装を行う場合には、屋根の高圧洗浄もする事になるため一日の作業になります。外壁の高圧洗浄が終わったら、次は窓やドアなどの塗料がかかってはいけない場所に、養生シートを貼り付けます。養生シートは真っ直ぐに張る必要があり、業者の技術によって外壁塗装を行ったときの仕上がりに差が出ます。埼玉では外壁塗装を行う前に、外壁のひび割れしている部分に、シーリングやモルタルを使用して埋めます。外壁塗装の準備が終わったら、下塗りから始めて乾燥が済んだら中塗り、最後に上塗りを行います。埼玉の業者は塗装が分かりやすいように、外壁塗装の中塗りと上塗りの塗料の色を変える事があります。外壁塗装が全て終わったら養生を剥がして仕上がりを確認し、問題がなければ足場を解体して全ての作業が完了します。